【ページトップへ】


HOME 人工サンゴ岩の商品案内 人工サンゴ岩の購入案内 カートの中

美ら海熱帯魚 自社製 人工サンゴ岩
 (サンゴ岩のレプリカ・擬岩・養殖ライブロックの原型)


養殖ライブロックのベースとして製造される、天然のサンゴ岩をリアルに再現した自社製の人工サンゴ岩です。
[天然物以上の形の良さ]と[天然物そっくりの質感]にこだわって一つ一つ手作り。
改良を積み重ね、形状・強度・軽さ・耐久性などの課題を高いレベルで達成しています。

美ら海熱帯魚 自社製 人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ ライブロックレプリカ 擬岩 養殖ライブロック



●自社製人工サンゴ岩と養殖ライブロック

ライブロックレプリカ ■熟成する前の[自社製人工サンゴ岩] (養殖ライブロックの原型)
人工サンゴ岩 ライブロックレプリカ ライブロック ■水槽飼育でも、サンゴ類が普通に飼育できるのであれば、最初は真っ白な人工サンゴ岩が、数カ月で徐々に石灰藻が付着し画像のようにライブロックらしくなってきます。
自社製人工サンゴ岩を、ご自身の水槽でライブロック化する事もお勧めです。
ライブロック 天然 養殖 ■【熟成させた自社生産の養殖ライブロック】

天然ライブロックと見分けがつかないほどのクオリティは、
[自社製人工サンゴ岩が養殖ライブロックのベースとして優秀であること]と[高い養殖技術]の証!



●[自社製人工サンゴ岩]の特徴

■軽い!
・[天然サンゴ岩]と[自社製人工サンゴ岩]との比較
同じ位の重さの個体で比較すると、天然サンゴ岩より自社製人工サンゴ岩ほうが大きい(大きさの割に軽い)。
人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ 重さ 人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ ライブロックレプリカ 比較
天然サンゴ岩 自社製人工サンゴ岩 真ん中が天然サンゴ岩、
その周りが同じ位の重さの
自社製人工サンゴ岩

■形がいい!
・一つ一つ形は異なりますが、LサイズとMサイズは、全て単品でアーチ型となるように作られています。

■質感がいい!
・表面の凸凹が複雑(海中の岩肌に近い質感と触感)(表面積が広い=バクテリアが多く住める)
・[流通している天然サンゴ岩]は、[比較の天然サンゴ岩]と同様以上に風化した物で表面が滑らかですが、[海中にあるサンゴ岩(天然ライブロック)]は、[自社製人工サンゴ岩]のように表面がデコボコしています。

■付着性が良い!
・自社製人工サンゴ岩は、海中の岩肌に近い質感を再現することによって、天然サンゴ岩よりも石灰藻などの付着生物が付きやすくライブ化の熟成が早く進みます。

■丈夫!
・耐荷重実験
人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ ライブロックレプリカ 強度 人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ ライブロックレプリカ 実験
強度は余裕!(ブロックは1個約10Kg)5個積み上げてもビクともしませんが、倒れそうで危ないのでこれ以上の実験は中止。

■耐久性が高い!
・海中で何年もの歳月をかけて熟成させる養殖ライブロックのベースですので、耐経年劣化・耐候性は非常に優れています。

■驚くほどレイアウトがしやすい!
・積み上げやすい形状であるアーチ型に作られている上、軽量で表面が凸凹しているため、各個が引っ掛かりやすく、高く積み上げるような不安定なレイアウトや空間を大きくとるような難しいレイアウトもとてもやりやすいです。
・自社製人工サンゴ岩の比重は約1.5ですので、水中では驚くほど軽くなります。

■「魚水槽」にも!
元来、「サンゴ水槽向け」の「養殖ライブロックの原型」として開発した物ですが、
「レイアウトの変更・組み直し」や「水槽から取り出してのメンテナンス性」がとても良いので「魚水槽」用途としても最適です。
参考:コケなどで汚れた場合、漂白剤で白い岩に戻すことも可能。※十分に濯ぎ洗いや天日干しし、漂白剤が残らないように!

■「オカヤドカリ」にも!
サンゴ礁の海岸の岩場を住み家とするオカヤドカリの飼育にも最適です。

■安全!手間いらず!
無害化処理済みですので、
・魚毒性等の心配はありません。
・洗浄等の必要はありません。そのままご使用いただけます。
・水槽内の海水が泡立ったり、白濁したりすることはありません。


■自社製完全当店オリジナル製品!
類似の製品とは何ら関係ありません。製法・素材等は同じではありません。
類似の製品が、当店の製品と同等の強度・耐久性・安全性を有しているとは限りません。



●ライブロック(人工サンゴ岩)のレイアウト(組み方)のコツ

■水流が行き渡るように
・岩と岩の接点をできるだけ少なくするほうが良いでしょう。
・空間はできるだけ大きくするほうが良いでしょう。※小さな隙間はかえって水流が滞りやすいです。

■崩れないように
・軽くて固いものが良いでしょう。※形の良い天然ライブロックほど、軽いがモロく、強度が不均一であることが多いです。
・砂に埋まる部分は岩組の基礎となる部分なので、しっかりとした人工サンゴ岩や死サンゴ塊が良いでしょう。
※アクリル棒製の土台などは、よほどうまく使わないと、地震には頼りないと思われます。

■裏表を間違えないように
・当店の新鮮で良質なライブロックは、明確に[裏表]の区別が可能ですが、一般に流通しているもので[裏表]を意識してストックされているものは少ないと思われます。
・[裏]と[表]とでは光の当たり具合が異なるので、付着する生物が異なります。
光がより良く当たる[表]には、光を好む海藻類やコーラル類の幼生などが付着します。
[裏]には、強い光を好まない赤い被覆状の石灰藻が付着します。
・積み重ねるように組み上げていく構造上、[裏表]を正確に守っていくのは困難ですが、できる限り[裏表]を守って組み上げる方が良いでしょう。
・人工サンゴ岩は、ライブではないので[裏表]の区別はありません。



●レイアウトの例
人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ レイアウト Lサイズ:5個使用
LサイズとMサイズは、一個一個が全てアーチ型なので、通水の良いレイアウトを簡単に作れます。

人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ バックウォール 【オーダーメイドのバックウォール】(60×35×10cm)とMサイズを3個使用
バックウォールは水族館のレイアウトのようでカッコいい!

人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ 接着

枝サンゴタイプ(廃盤)10個を【人工サンゴ岩接合剤】で接合した物。(同品を3方向から撮影)
自社製人工サンゴ岩の各種と人工サンゴ岩接合剤を用いて、アイデア次第でこれまでにない造形や利用方法も考えられます。



・Lサイズを10個使って組み上げてみる。
・特に意識せずラフに積み重ねただけですが、軽くて形が複雑で表面が凸凹しているので各個が引っ掛かりやすく、グラグラとした不安定な感じはなく、岩組はとてもやりやすいです。



●形
・特にこだわっていますので、一個一個すべて異なりますが、どれも複雑で立体的な「良い形をしている」と思います。
・一個一個の形の良さも重要ですが、通常は複数個を積み重ねて使用しますので、組み上げた際の事も意識して作られています。
・一つ一つ形は異なりますが、LサイズとMサイズは、アーチ型となるように作られています。
・接地面が平らになっている等の人工的な加工跡のような感じはありません。どの向きから見ても表面の質感は同じです。

●大きさ
・Lサイズ(22〜25×12〜15×10〜14cm前後)
・Mサイズ(17〜20×10〜12×10〜12cm前後)
・Sサイズ(10〜12×8〜10×6〜8cm前後)

●L,M,Sサイズの体積比及び重量比:約3対2対1
・Mサイズは、Sサイズの約2倍の大きさと重さです。
・Lサイズは、Sサイズの約3倍の大きさと重さです。
・Lサイズは、Mサイズの約1.5倍の大きさと重さです。

●L,M,Sサイズの大きさの比較
人工サンゴ岩 サンゴ岩のレプリカ サイズ

●導入個数の目安
  Sサイズ Mサイズ Lサイズ
60×30×36(cm)水槽 - 2個 2個
90×45×45(cm)水槽 - 5個 5個
180×45×45(cm)水槽 - 10個 10個


●Sサイズ サンプル画像集

※画像、動画はサンプルです。一つ一つ形状・重量が異なります。
※レイアウトする上での前後・上下・表裏等の決まりはありません。
※主成分が炭酸カルシウムですので、PH値・カルシウム濃度が上昇することがありますが、サンゴ礁生物の飼育にとって不具合なことではありません。

●商品


●Lサイズ(22〜25×12〜15×10〜14cm前後)
前面 後面 上面 裏面
美ら海熱帯魚オリジナル

・一つ一つ形は異なりますが、LサイズとMサイズは、アーチ型となるように作られています。
・同品を4方向より撮影。


●Mサイズ(17〜20×10〜12×10〜12cm前後)
前面 後面 上面 裏面
美ら海熱帯魚オリジナル

・一つ一つ形は異なりますが、LサイズとMサイズは、アーチ型となるように作られています。
・同品を4方向より撮影。


●Sサイズ(10〜12×8〜10×6〜8cm前後)
前面 後面 上面 裏面
美ら海熱帯魚オリジナル

・同品を4方向より撮影。


●人工サンゴ岩接合剤
人工サンゴ岩と人工サンゴ岩とを接合するための接合剤です。
オーバーハングや大きなブリッジなど積み重ねるだけでは作れないようなレイアウトを作る際、人工サンゴ岩と人工サンゴ岩とを固定する必要がある場合などに。
・自社製人工サンゴ岩と同等の成分ですので、接合箇所の質感や色味が人工サンゴ岩と同様に仕上がります。
・自社製人工サンゴ岩と同等の成分ですので、強度や耐久性が人工サンゴ岩と同様に非常に優れています。
・水を加えて練ると、粘着性のある粘土のようになります。
・使い方にもよりますが、500mlのパックから出来上がる接合剤は、人工サンゴ岩と人工サンゴ岩とを15箇所くらい接合できる分量です。
・一度に全量を使わなくても、必要量のみ使えます。残りは湿気ないように保存します。
【使用方法の詳細説明】

●500mlパックの内容
・粉末:約500ml
・処理液:約5ml×2個
・説明書

●250mlパックの内容
・粉末:約250ml
・処理液:約5ml×1個
・説明書
500mlパックを、水を加えて練った状態

美ら海熱帯魚オリジナル



・<郵便(レターパック・ゆうパケット等)配送OK>
※500mlパックは1パックのみ 250mlパックは2パックまで


●購入案内

※海水生体商品と購入方法が異なります。
※海水生体商品と同梱注文できません。


お届けについて

・送料:一律1200円(税込)
・通常5営業日以内に[宅配便]で発送し、発送日の翌々日前後に配達されます。
・配達時間帯指定可能
※配達日の指定はできません。



お支払いについて

・お支払い金額:商品+送料(+手数料)

<1:クレジットカード決済>(VISA/MASTER) ※手数料:無料

<2:後払い> ※手数料:一律324円(税込)
商品到着後、[コンビニ][郵便局][銀行]で後払い ※詳細はバナーをクリック
後払い.com【後払いドットコム】コンビニ・銀行・郵便局で後払い決済

<3:代金引換> ※手数料:一律324円(税込)

<4:銀行振込・郵便振替> ※振込手数料:利用者負担
・[ジャパンネット銀行]・[ゆうちょ銀行(振替口座)]
・口座番号等は、[ご注文確認メール]にてご案内致します。



【特定商取引法に基づく表示・利用規約】  【個人情報の取り扱いについて】


オーダーメイド

※現在、バックオーダー多数の為、新規の受注はストップしています。

■大きさ・形
・ご希望のサイズ・形状のバックウォールを製作致します。
・[規格(60cm×35cm×底側部10cmまで)以内の大きさで、外寸のみ指定で造形はお任せの製品]の製作のご依頼は、【お問い合わせフォーム】よりお受け致します。
・[規格より大きいサイズ]や[突起]や[空洞]などの造形を指定される場合は、[寸法図・スケッチ]をメールでお送りいただけましたらお見積り致します。
宛先のメールアドレスは、【お問い合わせフォーム】よりお問い合わせいただけます。

■製作費
◆規格(60cm×35cm×底側部10cmまで)以内の大きさで、外寸のみ指定で造形はお任せの場合:基本工賃19440円(税込) 荷造り送料:規格以内は2590円(税込)

◆[規格より大きいサイズ]や[突起]や[空洞]や[フロー管カバー]などの造形を指定される場合:お見積もり

バックウォール(全面型)のサンプル:約60cm×35cm×底側部10cm

バックウォール(コーナー型・ハーフサイズ・フロー管隠し)のサンプル

[規格より大きいサイズ]は、専用の木箱を作成して梱包・海上輸送しますので、荷造り送料がそれなりにかかります。


●関連商品

【自社製人工サンゴ岩を、熟成させた自社生産の養殖ライブロック】



沖縄石垣島産 塊状の石灰藻
良質のライブロックに付着する石灰藻が、被覆状でなく、塊状に・・・【詳細説明】


当サイト内の全てのコンテンツ(文章・画像・動画等)の転載転用禁止