【HOME・商品一覧】

沖縄石垣島・西表島産 カクレクマノミ サンプル画像集(カタログ)




















サンプル動画 (※画質を、HD画質へ変更しての閲覧をお勧めします。)


飼育の様子(ハタゴ10cm前後 ※カクレクマノミは深場タイプではない)
太陽光・天然海水で飼育しているので、海中と同等の最高の環境で状態は最高、野性味が強いのでクマノミは人馴れしていない。




餌やりの様子 (ハタゴ20cm前後 ※カクレクマノミは深場タイプではない)
太陽光・天然海水で飼育しているので、海中と同等の最高の環境で状態は最高、野性味が強いのでクマノミは人馴れしていない。
警戒しながら急いで餌を捕って急いで戻る。【餌は当店のオリジナル飼料】




飼育の様子 (ハタゴ15cm前後 ※カクレクマノミは深場タイプではない)
太陽光・天然海水で飼育しているので、海中と同等の最高の環境で状態は最高、野性味が強いのでクマノミは人馴れしていない。
クマノミの動きはとても機敏。



カクレクマノミの生息環境・飼育方法

●生息環境 参照【トピック(生息環境について)】

・場所:リーフ内の海岸近く
・水深:1〜5m
・水温:真冬の干潮時:15℃〜真夏の干潮時:35℃短時間で急変することも多い。
・水質・栄養塩:かなり富栄養まで 河川・降雨・湧水による流れ込みが多い。
・共生:ハタゴ・センジュ

●飼育方法
・相性の良いイソギンチャク:ハタゴ・センジュ・タマイタ・シライト どの種類のイソギンチャクとも共生しやすい。
・イソギンチャクへの依存度:とても高い(ほとんどイソギンチャクから離れることがない。)

●飼育のコツアドバイス
・イソギンチャクと共生させるとほとんど病気にならない。



●クマノミのエサ・餌付けについて

クマノミ類は人工飼料に餌付かない個体はいないくらい餌付けの簡単な種類です。
ほぼ全ての個体が入荷してから数日で餌付きます。
当店で与えているエサは、フレーク状や粒状の物です。

飼育環境やエサの種類が変わると、慣れるまで数日間何も食べないこともありますが、
人で例えると「一食ぬいた」程度のことで、健康への害はほとんど気にしなくても大丈夫です。

※当店でクマノミ類に与えているエサ販売しています。⇒【商品詳細】



●クマノミとイソギンチャクの共生の組み合わせについて

海中でのクマノミ類とイソギン類の共生の組み合わせは、ほとんど例外なく決まっています。

カクレクマノミとハタゴ・センジュ
クマノミとシライト各タイプ・イボハタゴ・アラビアハタゴ
ハナビラクマノミと触手ロングタイプシライト・センジュ
セジロクマノミとアラビアハタゴ
ハマクマノミとタマイタダキ
(沖縄以外の海でのことはわかりません。)

水槽飼育でもこの通りの組合せが望ましいですが、
飼育環境や好みなどもあるので、異なる組み合わせの共生も「あり」かと思います。

異なる組合せでもちゃんと共生するかどうかは、実際にお見合いしてみないとわかりません。

当店では、様々な組合せで飼育していますが、ほとんどすんなりちゃんと共生しています。
共生するまでに時間がかかる場合はあっても、どうしても共生しない組合せというのはあまりありません。

1つのイソギンチャクに対して、1ペアまたは1ファミリー1種類との共生が基本です。
1つのイソギンチャクに、複数のペア・ファミリーや異なる種類のクマノミ類を共生させるのは良くありません。



●天然ペア(ファミリー)について

クマノミ類の天然ペア(ファミリー)は、海中で一つのイソギンチャクに共生していたものです。
雌雄及び血縁及び仲の良さは必ずしも定かではありません。
ペア(ファミリー)でもケンカすることもあります。



●クマノミ類の混泳・ケンカについて

クマノミ類に限らずケンカする魚は珍しくありません。
ケンカする理由は、主に縄張り争いです。
縄張りを持つ習性の魚は程度の差はあれどケンカします。
これは本能ですので変えられません。

しかし、水槽内でもうまく縄張りさえ確保できれば混泳できるはずです。
ヤッコ類もチョウチョウウオ類もケンカしますが、それらの縄張りの範囲はどうなっているのでしょうか?
クマノミ類の縄張りはイソギンチャクの周囲です。
クマノミ類は縄張りの範囲が狭く分かりやすいのでうまく混泳させやすいように思います。
それぞれの個体・ペア・ファミリーにイソギンチャクを与えてやることで混泳できる可能性が高くなります。

特にケンカになりやすいのはメス同士で、メスは体も大きく力も強いので相手に与えるダメージも強く、半殺しにするまで激しくケンカします。
一つのイソギンチャクには一匹のメスしか共生しないことから、一方を完全に排除する為だと考えられます。
大抵、どちらかが圧倒的に強い場合が多く、途中でおさまることなくすぐに勝負はつくので、ケンカを始めたらすぐに隔離しなければいけません。

オス同士のケンカは、サイズの近いもの同士が、優劣を比べるようなケンカで、メス同士ほどには激しくしません。
一つのイソギンチャクに複数のオスが共生できるので、優劣の勝負がつき群れの中での順位が決まるとおさまることもあります。

明らかにサイズが異なる者同士がケンカすることはあまりありません。
3cm以下程度の小さい個体同士もよくケンカしますが、相手に重症を負わせたりする程の力はなく、多数での混泳がやりやすいです。



●クマノミ類の病気について

クマノミ類がよく罹る病気はトリコディナ症です。
海水魚の代表的な病気の白点病にはほとんどかかりません。
(トリコディナ症の症状や治療法などの基本的な事は飼育書など参照)

かからないようにする秘訣はイソギンチャクと共生させることです。
「イソギンチャクの刺胞毒で病原菌をやっつけるのか?」
それとも、
「刺胞毒に負けないクマノミの粘膜に、病原菌に対する免疫・抗体のような作用があるのか?」
は、分かりませんが、
共生させることで、ほとんど病気にかかりません。

当店では、共生させて飼育していますので、ごく稀にかかっても全て自然治癒します。
薬品類での治療は一度もしたことがありません。

共生して飼育していない個体が発症してから、治療の為に共生させようとしても、体表に病気を持った状態では刺胞にやられてイソギンチャクに入れないことがあるので、治療の為に共生させる方法は使えないです。
予防の為の共生です。



●クマノミ類の繁殖について

海中での繁殖期は、3〜10月くらいで、その間に何度も産卵するようです。
11〜2月の水温が下降する時期は産まないようです。

平均的なメスの大きさは、7〜8cm位です。
7cm位から産卵するようです。
8cmもあれば、充分に産卵可能な成熟サイズです。
オスのサイズは、5〜6cm位です。
小さめなオスとのペアも多いですので、小さめでもオスとしての能力は問題ないようです。

イソギンチャクは必須です。
共生の組合せは、本来の組合せが良いでしょう。
大きさは、20cm以上あるほうが良いでしょう。
(具体的な繁殖方法は飼育書など参照)



●クマノミ・イソギンチャク専門店のこだわり


・全てハンドコートです。

クマノミ類は、個体・ペア・ファミリーごとに入れる容器を分け運搬されます。
クマノミ類は、他の個体・ペア・ファミリーと同じ容器に入れるとたちまち激しくケンカします。
傷がつく原因はほぼケンカです。
採取するだけでは、ほとんど傷はつきません。
海中という悪条件下での慎重な作業ですので、その丁寧さや状態の良否は、道具や海況次第というよりも、採取する人の性格に左右されます。


・全て自家採集です。

誰が何処でどのようにして採取したのか分からないような個体はありません。
常に同じ者が同じ手法で採取しているので、品質基準が一定しており、個体ごとの状態の善し悪しなどのバラツキが少ないです。
(他に採取を依頼した物。他から仕入れた物はありません。)


・クマノミとイソギンチャクを共生させてストックしています。

「イソギンチャクの刺胞毒で病原菌をやっつけるのか?」
それとも、
「刺胞毒に負けないクマノミの粘膜に、病原菌に対する免疫・抗体のような作用があるのか?」は、分かりませんが、
共生させることでクマノミはほとんど病気にかかりません。
採取の際にできる傷も薬品類での治療は一度もしたことがありません。
薬で病気を押さえ込むのではなく、病気にならない・負けない体を作るように全て自然治癒です。


・天然海水・太陽光でストックしています。

天然海水に含まれる様々な微生物・微量元素や、太陽光に含まれる紫外線の殺菌作用など、
どれほど良質の人工海水や高性能な照明でも適わない、言葉や数値では表せない、自然のパワーの下でストックしています。
【石垣島の天然海水】・・汲みたて、航空便発送


・全個体、餌付け・トリートメント・病気チェック済み。

お届けする全ての個体は、
・人工飼料に餌付け済み (当店で与えている【クマノミのエサ 商品詳細】
・採取・入荷後、一週間以上のトリートメント済み
・発送時に、病気等のチェック済み (ケンカなどでの多少のヒレ裂け等はあります。)


■取扱い商品は、漁業権,有資格,公的許可の下、法令や規則を順守し採取され販売する正規の品物です。
・権利:共同漁業権、特定区画漁業権(権利主体:漁業協同組合)
・資格:漁業協同組合正組合員
・許可:沖縄県漁業許可
<正規品・産地証明書>


※無資格無許可の密漁品や出所不明な産地偽装品にお気を付けください!



当サイト内の全てのコンテンツ(文章・画像・動画等)の転載転用禁止