海水魚・サンゴの生息地 サンゴ礁の海より産地直送
迅速に出荷し航空便でスピード配達
沖縄石垣島の天然海水
沖縄石垣島の天然海水 産地直送
海水魚・サンゴの生息地であるサンゴ礁の清浄で新鮮な天然海水には、
人工海水や水質処理をした天然海水では絶対に真似できない、水質測定の数値では表せない、自然の力があります。
自然の力によって、飼育魚やサンゴの調子が良くなった!と感じることができるでしょう。

サンゴ礁に生息する海水魚・サンゴの飼育用の海水は、サンゴ礁の天然海水が最良であることは言うまでもありません。
水槽の中の魚やサンゴは、きっと生まれ育ったサンゴ礁の天然海水を求めています。
飼育用の海水は、100%サンゴ礁の天然海水が理想的ですが、できる限りわずかでもサンゴ礁の天然海水を使いたいものです。
天然海水 サンゴ礁


●清浄・良質・安全・新鮮な生きているサンゴ礁の天然海水
海水魚やサンゴやイソギンチャクが生き生きと生息しているサンゴ礁の海域で採水し、汲みたてをすぐに航空便で発送します。
注文を受けてから採水します。
プランクトン・バクテリアを取り除いてしまうフィルターや殺菌灯での処理やミネラルバランスが悪くなってしまう汲み置きはしていません。
プランクトン・バクテリア・ミネラルバランスがそのままの純粋な生きているサンゴ礁の天然海水です。
汲みたてをケースに充填し密封・遮光しており、雑菌の混入や外気や光にさらされることはありません。
必要に応じて水温を調整するだけで、そのまま水槽に導入できます。
人工海水と混ぜて使用しても問題ありません。
特に添加剤等で調整する必要はありません。
天然海水 採水新しいほど、プランクトンやバクテリアが多く生きており、ミネラルバランスも良いので、できるだけ早いご使用をお勧めします。
採水後、数日経過した程度の劣化はごく僅かで、十分に新鮮と言えます。
冷凍したり加熱でもしない限り、常温での水温変化でプランクトンやバクテリアが死滅したり、使用に適さなくなるほど水質が変質するようなことはありません。
仮にケース内のプランクトンやバクテリア類が全滅したとしても、その影響は微々たる物で、使用に適さなくなるほど水質を悪化させるには至りません。


●[サンゴ礁の石垣島の天然海水]と[本土沿岸の海水・水質処理をした海水]の違い
沖縄 石垣島 黒潮
本土沿岸で採水する海水は、どれほど綺麗と思われる海域であっても、陸から流れ込む汚染物質や汚濁物質や病原菌等の影響は避けがたいでしょう。
(時間と費用を度外視して、陸地が見えないほど遥か遠くの沖合で採水するのであれば別ですが、)
汚染物質や汚濁物質や病原菌等をろ過・殺菌する為に、フィルター・殺菌灯・オゾン・スキマーでの処理をしなければ、使用や保存に耐えないかもしれません。
(人工海水も工業地帯の内海で汲み上げた海水から作られているのですから、どこで汲んだどんな海水でも、高度に処理するなら、一応使うことはできるでしょう。)

しかし、それほどの人工的な処理を施した物を天然海水と呼べるのか?更には、天然海水の最大のメリットである自然の力が残っているのかどうか?おおいに疑問です。

東京から約2000km離れた日本南西端の絶海の亜熱帯サンゴ礁の離島である[石垣島の天然海水]はそれらとは全く別物です。
目の前で海水魚やサンゴが生き生きとしている、透き通った[石垣島の天然海水]に、余計な処理をする必要はありません。
水質測定の必要性も感じられないくらいです。
海水 透明度
(採水の様子・吸水ホース)
透明度抜群!!


●[漁業者]プラス[観賞魚専門店]の知識で自店で採水!
当店は、海況に精通する漁業者でもあり、観賞魚専門店としての知識を合わせ、海水魚サンゴの飼育用途として適した水質・場所・タイミングで採水を自店で行っております。
[海水魚サンゴの飼育用途を想定していない][採水する海水の品質を自らで管理できない]ような自前の設備ではない水産物加工洗浄用途や海洋深層水の揚水施設より調達した海水を、転用販売しているのではありません。
海水 汲み上げ
(採水の様子・排出口)
この海水をケースに充填!!


●海洋深層水は、飼育用途としては、不向き
海洋深層水を活用しようと、いくつかの自治体などが揚水施設を設けています。
揚水施設より容易に海水が調達できる為か、いくつかのショップでは海水魚飼育用途として販売されているようですが、
「海洋深層水はサンゴ礁の生物の飼育用途としては不向きです。」
なぜなら海洋深層水は栄養塩類が多く含まれるからです。
換水の主な目的は栄養塩類の除去であるので、海洋深層水で換水すればかえって水槽内に栄養塩類を増やす恐れがあります。
サンゴ礁の海水は栄養塩類がとても少ないのが特徴です。
サンゴ礁に生息する生物は、栄養塩類が多いと正常な生理活動が阻害され、「調子を崩したり」「病気が出やすくなったり」します。


<余談>
栄養塩類がとても少ないにもかかわらず、なぜサンゴ礁の海には多種多様な生物が高密度で生息しているのでしょうか?
その問いの答えの一つに「養分を得る手段」と「養分を循環させる仕組み」があります。
これらをごく簡単に説明すれば、
「養分を得る手段」として、サンゴやイソギンチャクは動物であるのもかかわらず光合成により養分を得ること。
また、「養分を循環させる仕組み」は、
栄養塩類が少ない→プランクトンが少ない→透明度が高い→光合成がしやすい→光合成より得た養分の余剰分は、サンゴやイソギンチャクの粘膜や糞として排出される。→粘膜や糞は、幼生や微生物などの養分となり排出され徐々に微細化する。→最終的にバクテリアによって分解され栄養塩類に戻ります。
このようにして、少ない養分を多種多様な生物間で循環させながら無駄なく利用しています。
通常、養分の生産者は植物であり動物は消費者でありますが、サンゴ礁の海では動物であるサンゴやイソギンチャクが養分の生産を担っています。



●保存
天然海水はすぐに使うことが前提ですが、採水後二週間経過した海水を、
・水槽飼育に使用しても、異常や問題はありませんでした。
・試薬を用いての水質測定では、変化は認められませんでした。


●参考
・多くのお客様に長年にわたり定期的にリピートいただいております。
・個人愛好家の他にも、全国各地の「研究機関・学校の生物部」や「ペットショップ・観賞魚専門店・水槽メンテナンス業者様」や「病院・介護福祉施設・観光施設・公共施設」等に設置されている水槽へも納品しています。
・販売している天然海水は、当店の飼育で使用している海水よりも採水品質基準が高く、汲みたて未使用のものです。
※生体の発送に使用している海水も天然海水ですが、輸送中に糞尿が溶け込み痛んでいますので再使用(水槽内へ投入)できません。



●容器・付属品(オプション)
海水 容器

天然海水 保存
・20リットルケースは、液体輸送(ミネラルウォーターなど)専用品ですので、取り扱いやすさ・水漏れ・密封性・衛生・遮光性の心配はありません。


ノズル/コック/コックとホース(1.5m)
・ノズルとコックとホースは、一旦、箱を開けてから取り出します。
・箱の赤丸のミシン目を切り取り、ノズル、コックを取り付けます。
・ノズルとコックとホースは、別売りです。
・繰り返し使用可能です。



 
天然海水 採水
※10ケース以上は、複数回に分けてご注文ください。




●天然海水のお届け・発送について

・東京から約2000キロも離れた石垣島からでも、驚くほど速く届く!
・通常、ご注文日の当営業日~翌営業日に発送し、発送日の翌日~翌々日に配達されます。
・遠距離でも航空便でスピード配達。
・時間帯指定:午前中/12~14時/14~16時/16~18時/18~20時/19~21時/20~21時
※原則、出荷は平日のみとなります。



お支払いについて

クレジットカード決済

・VISA/Master/JCB/ダイナース/アメックス

後払い

・手数料:330円(税込)
・商品到着後、[コンビニ・郵便局・銀行・LINEPay]で後払い!※【詳細】
・請求書は、商品とは別に後日郵送されます。


銀行振込
・ジャパンネット銀行


・他の商品と同梱でのご注文はできません。
・原則、納品書及び領収書は同梱致しません。ご希望の際は、お申し出でにより、PDF形式でメールに添付し発行致します。



【ページトップへ】